2009年10月

ナメクジと思って、ナメ てたら・・・・の話。

1ヶ月ほど前の話になりますが、まあ聞いてあげてください。

家の風呂にナメクジが出まして、3~4匹。
うちでは珍しくないんで退治しました。( だけど数はチョット多いけど・・ )
退治といっても、潰すのもチョットかわいそうだし、裸なんで手っ取り早く
シャワーで排水溝に流してあげました。ジャマダ、ドケッ くらいの気持
すると次の日、、、

前の日の事はまったく気に止めてなく風呂に入ったら・・・・・
その日は5匹いました。 2日続けてかぁ、と思ったけど、処理は
昨日と一緒、シャワーで排水溝。
次の日はチョット警戒心が出て、「今日はいらっしゃいますかね。」くらいな
気持ちで、服着たまま電気をつけて風呂場に突入。すると・・・・

6匹入店してました。ガックリ。ここまでくればさすがの僕も・・・・
戦闘モード突入。
家を建てる仕事しているので、今後の参考になるように
ナメクジのお勉強をしました。





・ボクは、ジメジメした環境が大好きです。

・塩をかけられると、弱っちゃいます。

これは、誰もが知っている知識。



・ビールが大好き。ゴクゴクいけちゃいます。

これは、知らなかったが、うちはビール飲まないんで・・・

・銅だけは、チョット苦手です。

《ナメクジイオンに対してきわめて強い忌避性を示します。》
ネット参考 ナメクジの駆除より・・・

これならば、うちにも電気配線があるので、銅線を調達は、簡単。
っていうわけで、早速これでドウかな?






排水溝のふたに銅線をコイル状に巻いた物をふたに付けてみました。
すると結果は・・・・・次の日、

また出た~~~=

残念でした。だけど数は減りました。前日より-2匹。4匹ですね。
銅線効果もあったのでしょう。けど、ネットで言ってる効果はないような・・・

やっぱ、薬でやっつけるしかないのかなぁ。銅線作戦はナシで・・・・・

ここから思わぬ展開だったです。
次の朝、トイレに入る為にドアを開けトイレに入る。そしたら・・・
『 グジュッ~~ 』 ああ、と思って足の裏を見るとナメクジが・・・・

こんな所にも出たな~。深刻です。敵は強い。

作戦変更、容赦ない作戦に切り替えました。
それは単純に、『 取って、捨てる作戦 』
だけど、取って捨てるって言っても外で繁殖したらまずいので。。。
箸でつまんで、容器に入れる。そして後は・・・・・・






アナログ、ノン科学薬品方式

次の日、やっぱり出た~。出たら、箸でつまんで容器に入れる。
また次の日、出たら箸でつまんで容器へ。
また次の日も、同様に。
注意: だだし、容器に入れる際は、前日のナメクジはまだ生きてます。
実践の結果4日は生きている。
容器の半分くらい水を入れておいたほうが、溺死しやすいかも・・・
その繰り返し。

毎日少しずつ減ってきて、1週間位してからはでませんでした。
それからはまったく出てません。また、来年かな~。
まあ、奥さん。参考までに・・・・・・ナメクジ駆除の話でした。












おべんとつけて、ドコいくの~?

今では、当たり前になってるけど~
『もう昼で~。弁当買ってくるわ~』と言って買いに行く。
買いに行ったら込みあってて、待ってるお客が『まだですか~』
イライラしてる様子。普通ですね。よくあります。
それを買って、『おっせ~し、まじ~し』ってこともあります。
例えば、おかあさんや、奥さんが作ってくれたお弁当にそんなこと、
言いますか? 恐ろしいです。
便利、簡単、安い、早い。単純にそこを自然に目指しがちですが、
失ってきたものも多いはず。
便利、簡単、安い、早い。僕らも、仕事や
日常でそういうことをよく言います。
体や脳に染み込んでます。
お昼スーパーなどに行くと300円弁当が並んでいます。安いですが・・・・

アメリカ的なスーパー トライアル 中津に出来ました。安いです。

だけど朝テレビで アメリカの雑貨店で、日本のお弁当箱が売れている
放送がありました。アメリカでは『BENTO』
お弁当の中身も、和食でした。楽しそうに、お弁当つくってましたよ。

ショック
でした。負けてますよ。日本人。



51JO1li4YfLアメリカで売られているお弁当の本

うちのこーたろ~の母ちゃんは毎日、かわいい息子の為に
弁当を作ってくれています。当たり前のように。そこには大事な物が
たくさんあります。関心します。本当に。ありがたい。


母ちゃんの愛情のこもった
鮭の塩焼きからいく
こーたろ~







じわじわと。。。。。

うちに来て、もうすぐ6年生。かな?
見習いのこうたろー。(小野光太郎くん)
今は、中津市にある和傘工房 朱夏さんの依頼で和傘の台を製作中。
毎日、こつこつ仕事をしている成果なのか、
毎日ガミガミ怒っている効果なのかはわかりませんが、
じわじわと上達してるような気がします。
毎日仕事で一緒なので、良くわかりませんが、
見た目も以前に比べて大工さんぽくなってきたように見えます。
身体つきも筋肉質になったなぁ。
一応こうたろーにとっては親方ですが、
他の親方衆からみれば僕も見習いです。
見習いを育てることで僕もじわじわと大人になっているのでしょうか?
こうたろー、共に頑張りましょう。
皆さん、うちのこうたろーもよろしくお願いします。




今後もブログにちょくちょく出てくるでしょう。


おの こうたろ~くん

じわじわと 1


  じわじわと 2

和傘の台製作中






いつも何かとお世話になっている
中津和傘工房 朱夏さんのホームページ
http://mitene.x0.com/wagasa-syuka







将来の子供たちの為にのつもりが・・・・

先日、中津市で 地元の職人さん達が、小学生を対象に
「ものづくりのすばらしさを、みたりして、ものづくりの
難しさ、大変さ、楽しさを経験してもらおう。」というイベント

『 しょくにんフェスティバル 』

が、ダイハツアリーナで、ありました。


そのイベントの実演コーナーで
鉋がけを子供たちの前でするようになりまして・・・・

今の大工さんの仕事では、鉋がけを頻繁に使わなくなってまして
あったとしても普段は、鉋の機械や替刃式を使ったりしてます。
この機会に、鉋の復習と、勉強をしました。
せっかく子供達に鉋がけを披露するので、実用的ではないのですが、
薄削りにチャレンジすることにしました。

マニアックな話ですが、鉋という道具は奥が深く、さまざまな条件を
満たさないと薄い鉋屑はでません。
刃物の研ぎはもちろんですが、台や砥石の調整
削る環境などいろいろ試しました。
それでもまだまだですが、とりあえず下の写真を。

鉋屑の厚みはゲージが無いので測定できなかったのですが、
多分10ミクロンくらいですかね。

イベント前には8ミクロンでしたが、削ろう会といって鉋屑の薄削り大会
というものがありまして、その優勝者は3~4ミクロン出す人もいるそうです。今回、薄削りにチャレンジしてはみましたが、かなり鉋の知識や、技術は勉強になりましたし、難しさ、奥の深さを痛感してしまいました。







『 しょくにんフェスティバル 』

http://www.city-nakatsu.jp/modules/news/article.php?storyid=3162









ぐうたらホームページの更新

お仕事で、お世話になった、中津市の厨房 月夜の庭、大分市のYARD YARD Cafeのオーナーの藤吉さんに手伝って頂いて、ホームページをリニューアルしてます。いつもありがとうございます。
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ